大澤美穂オフィシャル・ウェブサイト

 

2013年02月08日

テレビドラマの仕事(その1)

すっかりご無沙汰しておりますが、皆様お元気でいらっしゃいますか?私の方は、先日1歳になったばかりの娘と、2歳9ヶ月の息子を相手に、慌ただしい日々を送っております。この二人と過ごしていると珍騒動がたえず、毎日何かしらは書くことがあるのですが、一日の終わりにはクタクタになってしまうので、気がつけばこんなにブログの更新が空いてしまいました。ごめんなさい!

そんな中ですが、昨年末から約1ヶ月の間に、ちょっと面白い仕事をしました。テレビドラマの吹き替え演奏です。NHK BSプレミアムの3回連続ドラマなのですが、主演の宮沢りえさんと石橋凌さんのピアノ演奏と、手の吹き替え(宮沢りえさんのみ)、それにちょこっと演技指導もさせていただきました。

最初にこのお話をいただいたのはクリスマス前のことで、「ドラマの吹き替え演奏をしてほしい、バッハを6曲ほど、録音は年内に(!)」とのことでした。育児に明け暮れる中での突然のお話でしたし、提示された曲の中で弾いたことのあった曲は1曲だけだったのですが、なんとなく面白そうなので、思わず「はい」とお引き受けしてしまいました。

さて、それからが大変でした。何しろ1週間ほどで録音なのに楽譜を持っていない曲があったため、早速二人の子どもを車に乗せてヤマハ銀座店へ(ネットで取り寄せるにも時間がないので・・・)。上の子はお昼寝タイムのためベビーカーに、下の子は抱っこ紐に入れて楽譜を探していたのですが、こういうのは珍しい光景なのでしょうね。すれ違う方など、何かと親切にしてくださいました(笑)。

最初、演奏箇所が未定だったので、「ゴルトベルク変奏曲」は、おそらくあの有名な緩やかな出だしだろうと思っていたのですが、話をよく聞くと、速くて難しい「第14変奏」ということで、ワー大変!!と冷や汗が出ました。とにかく、早く全ての演奏箇所と録音日だけは教えてほしいとお願いし、24日の夜の電話で、演奏箇所と、録音日が28日になったことを知りました。

ちなみに曲目は、バッハの「ゴルトベルク変奏曲」の他、「半音階的幻想曲とフーガ」、「イタリア協奏曲 第2楽章」、「フランス組曲」より2曲、「平均律クラヴィーア曲集」より1曲です。

この話は少し長くなりそうなので、続きはまた改めて書きますね!
posted by MIHO at 00:33 | 演奏活動