大澤美穂オフィシャル・ウェブサイト

 

2016年08月29日

カブトムシとの日々

皆様ご無沙汰しております。暑中御見舞いのブログでも、と思っておりましたが、子ども達とバタバタしているうちに、夏休みも残り僅かという頃になってしまいました・・・。本当にごめんなさい!!皆様、お元気でお過ごしでしたでしょうか。

この夏は、何といってもオリンピックで盛り上がりましたね。日本選手、本当に頑張ってくれました!!小さな子ども達がいるため、じっくり応援出来ないのが残念無念でしたが、朝のニュースなどで日本選手の活躍を見るたび、沢山の勇気をもらいました。銀メダルで悔し涙の選手、銅メダルで嬉し涙の選手・・・、皆それぞれが自分の限界を目指し、その一瞬にかけて命を燃やしておられましたね。その姿は、ただただ美しいものでした!4年後は、いよいよ東京オリンピック。その頃には、うちの子達も小学校中学年になるので、一緒にじっくり感動を味わえるのかなと、今から楽しみです。

さて、夏休みですが、我が家でも家族で出かけたりして、いろいろな思い出が出来ました。中でも、軽井沢でナイトアドベンチャーというものに参加し、真っ暗な夜の森でカブトムシ探しをするという体験が、特に印象に残っています。ガイドのお兄さんと一緒に夜の森を探検するのですが、懐中電灯の明かりだけが頼りという闇夜は、なかなか経験出来ませんよね。何ともいえない心細さでした。仕掛けてあったワナには見事カブトムシが入っており、子ども達は大喜び。他にも普段目にすることのない大きな虫を見たり、ヒルに足を噛まれたりして、とにかく刺激の多い夜となりました。

お土産に一匹ずつカブトムシをもらって帰り、それ以来うちで飼っているのですが、一か月くらいの命だと言われたのに、一か月を過ぎた今も、二匹は元気いっぱいに動いています。もともと私は虫が苦手で、飼育など本当は気が進まないのですが、子どもの為なら頑張るしかないですね。そうこうするうちに、いつもカブトムシを見る癖がついてしまい、よく食べ、よく動き、よく寝ていると安心する自分に驚きます。やはり生命ですから、エネルギーをいただいているのかもしれませんね。でも、さすが夜行性。夜中にケースの中でバタバタ飛んでいる音を聞くと、心臓がドキドキしてしまいます(笑)。

早くも、夕暮れには外で虫の声がしていますね。過ごしやすい爽やかな秋が待ち遠しいです。でも、その頃にはうちのカブトちゃん達は天国に行ってしまうのかしら。その時には、どこかの土に埋めて、素敵なお墓を作ってあげよう、でも、もう少し頑張って長生きしてもらいたいから、この後、もう一つずつサービスして昆虫ゼリーを入れてあげることにします♪
posted by MIHO at 14:47 | 日常